◎ BlognPlus(ぶろぐん+) v2.5.2~ 以降の変数一覧

BlognPlus(ぶろぐん+)の変数表


単品変数

{HOMELINK} : サイトのURLを表示します {SITETITLE} : タイトル表示します(ページ名) {SITENAME} : サイト名を表示します {SITEDESC} : サイトの説明を表示します {CHARSET} : 文字コード {CSSNAME} : 外部CSSファイル {TIMEATTACK} : ブログの表示処理時間を表示します {INCLUDE} {/INCLUDE} : 外部phpファイルのinclude 例) <a href="{HOMELINK}">{SITENAME}</a> と書けばリンクできます {INCLUDE}./hoge/hoge.php{/INCLUDE} と書くと外部ファイルを呼び出せます

サイト内検索フォーム

<form action="./index.php" method="get"> <label for="search">サイト内検索</label><br> <input id="search" name="search"><br> <input type="submit" value="検索"> </form>

ログページ移動リンク

{NEXTPAGE}○○{/NEXTPAGE} : 次のログへ移動 {BACKPAGE}△△{/BACKPAGE} : 前のログへ移動 例){NEXTPAGE}<<{/NEXTPAGE} と記述すると << でリンクになります。

検索結果一覧表示用

{SEARCH} : {SEARCH} ~ {/SEARCH}ブロックで囲む {SEARCHLOOP} : {SEARCHLOOP} ~ {/SEARCHLOOP}の間はループ {SEARCHLIST} : 検索結果内容表示 {/SEARCHLOOP} : {/SEARCH} :

プロフィール情報表示用

{PROFILES} : {PROFILES} ~ {/PROFILES}ブロックで囲む {PROFILENAME} : 管理人名 {PROFILEMES} : 管理人プロフィール {/PROFILES} :

記事ログ表示

{LOG} / {LOG 1,2,3,…} : {LOG}または{LOG 数字,数字}を指定。   {LOG 数字,数字…}は指定記事のみ表示したい場合に使用 {LOGLOOP} : {LOGLOOP} ~ {/LOGLOOP}の間はループ {LOGYMD} {/LOGYMD} : ログの投稿日付 {LOGTITLE} : ログのタイトル {LOGAUTHOR} : ログ投稿者名 {LOGBODY} : ログ本文 {LOGMORE} : ログの続き {MOREMARK} {/MOREMARK}: ログの続きマーク {LOGCATEGORY} : ログのカテゴリー {LOGHMS} {/LOGHMS} : ログの投稿時間 {LOGCOMMENT} : ログのコメント数 {LOGTRACKBACK} : ログのトラックバック数 {LOGURL} : ログのURLアドレス {LOGMODE "公開記事","非公開記事"} : 記事の種類、ダブルクォート内の文字は変更可能

「コメント一覧」設定時のコメント表示

{COMMENTLIST} : {COMMENTLIST}~{/COMMENTLIST}ブロックで囲む {COMMENTLISTLOOP} or {COMMENTLISTLOOPASC}: {COMMENTLISTLOOP}~{/COMMENTLISTLOOP}間をループ {COMMENTUSER} : コメント投稿者名 {COMMENTEMAIL} {/COMMENTEMAIL}: コメント投稿者E-MAIL {COMMENTURL} {/COMMENTURL} : コメント投稿者URL {COMMENTYMD} {/COMMENTYMD} : コメント投稿日付 {COMMENTHMS} {/COMMENTHMS} : コメント投稿時間 {COMMENTID} : コメント投稿者ID {/COMMENTLISTLOOP} or {/COMMENTLISTLOOPASC} {/COMMENTLIST} ※1){COMMENTLISTLOOP}はコメントを降順に表示します。 ※2){COMMENTLISTLOOPASC}はコメントを昇順に表示します。

「新着5件」設定時のコメント表示

{COMMENTNEW} : {COMMENTNEW}~{/COMMENTNEW}ブロックで囲む {COMMENTNEWLOOP} or {COMMENTLISTLOOPASC}: {COMMENTNEWLOOP}~{/COMMENTNEWLOOP}間をループ {COMMENTBODY} : コメント本文 {COMMENTUSER} : コメント投稿者名 {COMMENTEMAIL} {/COMMENTEMAIL}: コメント投稿者E-MAIL {COMMENTURL} {/COMMENTURL} : コメント投稿者URL {COMMENTYMD} {/COMMENTYMD} : コメント投稿日付 {COMMENTHMS} {/COMMENTHMS} : コメント投稿時間 {COMMENTID} : コメント投稿者ID {/COMMENTNEWLOOP} or {/COMMENTNEWLOOPASC} {/COMMENTNEW} ※1){COMMENTNEWLOOP}はコメントを降順に表示します。 ※2){COMMENTNEWLOOPASC}はコメントを昇順に表示します。

通常時のコメント表示

{COMMENT} : {COMMENT} ~ {/COMMENT}ブロックで囲む <a name="comments"></a> : リンクターゲット {COMMENTLOOP} or {COMMENTLISTLOOPASC}: {COMMENTLOOP}~{/COMMENTLOOP}間をループ {COMMENTBODY} : コメント本文 {COMMENTUSER} : コメント投稿者名 {COMMENTEMAIL} {/COMMENTEMAIL}: コメント投稿者E-MAIL {COMMENTURL} {/COMMENTURL} : コメント投稿者URL {COMMENTYMD} {/COMMENTYMD} : コメント投稿日付 {COMMENTHMS} {/COMMENTHMS} : コメント投稿時間 {COMMENTID} : コメント投稿者ID {/COMMENTLOOP} or {/COMMENTLOOPASC}: ※1){COMMENTLOOP}はコメントを降順に表示します。 ※2){COMMENTLOOPASC}はコメントを昇順に表示します。

↓コメント投稿フォーム(壊すと投稿できなくなります)

{COMMENTINPUT} or {COMMENTNOINPUT} :コメント有効期限によって表示/非表示 <form action="./index.php?mode=comment" method="post"> <input type="hidden" value="{CEID}" name="blogn_cid"> <input type="hidden" valur="{TOKEN}" name="blogn_token"> <label for="blogn_cname">name:</label><br> <input id="blogn_cname" tabIndex="1" name="blogn_cname" value="{CNAME}"><br> <label for="blogn_cemail">email:</label><br> <input id="blogn_cemail" tabIndex="2" name="blogn_cemail" value="{CEMAIL}"><br> <label for="blogn_curl">URL:</label><br> <input id="blogn_curl" tabIndex="2" name="blogn_curl" value="{CURL}"><br> <label for="blogn_cmes">comments:</label><br> <textarea id="blogn_cmes" style="WIDTH: 400px" tabIndex="3" name="blogn_cmes" rows="10" cols="50"></textarea><br><br> <input type="submit" value="コメント送信"> <input id="blogn_setcookie" type="checkbox" value="on" name="blogn_set_cookie"> <label for="blogn_setcookie">Cookieに登録</label> </form> {/COMMENTINPUT} or {/COMMENTNOINPUT} : ※1){COMMENTINPUT}~{/COMMENTINPUT} の間はコメントに有効期限を設定している場合、 期限が過ぎればこのタグ内の文字は非表示になります ※2){COMMENTNOINPUT}~{/COMMENTNOINPUT} の間はコメント有効期限が過ぎた記事の場合、 このタグ内の文字が表示されます {/COMMENT}

「トラックバック一覧」設定時のトラックバック表示

{TRACKBACKLIST} : {TRACKBACKLIST} ~ {/TRACKBACKLIST}ブロックで囲む {TRACKBACKINPUT} or {TRACKBACKINPUT}: トラックバック有効期限によって表示/非表示 {TRACKBACKURL} : トラックバックURL {/TRACKBACKINPUT} or {/TRACKBACKNOINPUT}: {TRACKBACKLISTLOOP} : {TRACKBACKLISTLOOP}~{/TRACKBACKLISTLOOP}の間はループ {TRACKBACKTITLE} : トラックバックタイトル {TRACKBACKUSER} : トラックバック投稿ブログ名(該当記事にリンク) {TRACKBACKYMD} {/TRACKBACKYMD}: トラックバック投稿日付 {TRACKBACKHMS} {/TRACKBACKHMS}: トラックバック投稿時間 {/TRACKBACKLISTLOOP} : {/TRACKBACKLIST} : ※1){TRACKBACKINPUT}~{/TRACKBACKINPUT} の間はトラックバックに有効期限を設定している場合、 期限が過ぎればこのタグ内の文字は非表示になります ※2){TRACKBACKNOINPUT}~{/TRACKBACKNOINPUT} の間はトラックバック有効期限が過ぎた記事の場合、 このタグ内の文字が表示されます

「新着5件」設定時のトラックバック表示

{TRACKBACKNEW} : {TRACKBACKNEW} ~ {/TRACKBACKNEW}ブロックで囲む {TRACKBACKURL} : トラックバックURL {TRACKBACKNEWLOOP} : {TRACKBACKNEWLOOP}~{/TRACKBACKNEWLOOP}の間はループ {TRACKBACKTITLE} : トラックバックタイトル(該当記事にリンク) {TRACKBACKBODY} : トラックバック本文 {TRACKBACKUSER} : トラックバック投稿ブログ名 {TRACKBACKYMD} {/TRACKBACKYMD}: トラックバック投稿日付 {TRACKBACKHMS} {/TRACKBACKHMS}: トラックバック投稿時間 {/TRACKBACKNEWLOOP} : {/TRACKBACKNEW} :

通常時のトラックバック表示

{TRACKBACK} : {TRACKBACK} ~ {/TRACKBACK}ブロックで囲む <a name="trackback"></a> : リンクターゲット {TRACKBACKURL} : トラックバックURL {TRACKBACKLOOP} : {TRACKBACKLOOP} ~ {/TRACKBACKLOOP}の間はループ {TRACKBACKTITLE} : トラックバックタイトル {TRACKBACKBODY} : トラックバック本文 {TRACKBACKUSER} : トラックバック投稿ブログ名(該当記事にリンク) {TRACKBACKYMD} {/TRACKBACKYMD}: トラックバック投稿日付 {TRACKBACKHMS} {/TRACKBACKHMS}: トラックバック投稿時間 {/TRACKBACKLOOP} : {/TRACKBACK} : {/LOGLOOP} {/LOG} 【備考】 {LOGYMD} ~ {/LOGYMD} の中に記述できる日付フォーマット文字列は コチラを参照 {LOGYMD} {/LOGYMD} と {LOGHMS} {/LOGHMS} は同じ {MOREMARK}▽{/MOREMARK}と記述するとID表示以外では続きを表示せずに ▽ が表示。

カレンダー表示

{CALENDARBOX} : ボックス型カレンダー {CALENDARHOR} : 横型カレンダー {CALENDARVER} : 縦型カレンダー {CDYM} {/CDYM} : カレンダーの年月 {CDCTRLBACK} {/CDCTRLBACK} : カレンダーコントロール(前月) {CDCTRLNEXT} {/CDCTRLNEXT} : カレンダーコントロール(次月)

最近の更新一覧

{NE} : {NE} ~ {/NE}ブロックで囲む {NELOOP} : {NELOOP} ~ {/NELOOP}の間はループ {NETITLE} : ログのタイトル {NEYMD} {/NEYMD} : ログの投稿日付 {NEHMS} {/NEHMS} : ログの投稿時間 {NELINK} {/NELINK} : 該当ログへのリンク {/NELOOP} : {/NE} 【備考】 {NEYMD} ~ {/NEYMD}の中に記述できる日付フォーマット文字列は コチラを参照 {NEYMD} {/NEYMD} と {NEHMS} {/NEHMS} は同じです

最近のコメント一覧

{RC} : {RC} ~ {/RC}ブロックで囲む {RCLOOP1} : {RCLOOP1} ~ {/RCLOOP1}の間はループ {RCTITLE} : 該当ログのタイトル {RCLOOP2} : {RCLOOP2} ~ {/RCLOOP2}の間はループ {RCNAME} : コメント投稿者名 {RCYMD} {/RCYMD} : コメントの投稿日付 {RCHMS} {/RCHMS} : コメントの投稿時間 {RCLINK} {/RCLINK} : 該当コメントへのリンク {/RCLOOP2} {/RCLOOP1} {/RC} 【備考】 {RCYMD} ~ {/RCYMD}の中に記述できる日付フォーマット文字列は コチラを参照 {RCYMD} {/RCYMD} と {RCHMS} {/RCHMS} は同じです

最近のトラックバック一覧

{RT} : {RT} ~ {/RT}ブロックで囲む {RTLOOP1} : {RTLOOP1} ~ {/RTLOOP1}の間はループ {RTTITLE} : 該当ログのタイトル {RTLOOP2} : {RTLOOP2} ~ {/RTLOOP2}の間はループ {RTNAME} : トラックバック投稿サイト名 {RTYMD} {/RTYMD} : トラックバックの投稿日付 {RTHMS} {/RTHMS} : トラックバックの投稿時間 {RTLINK} {/RTLINK} : 該当トラックバックへのリンク {/RTLOOP2} {/RTLOOP1} {/RT} 【備考】 {RTYMD} ~ {/RTYMD}の中に記述できる日付フォーマット文字列は コチラを参照 {RTYMD} {/RTYMD} と {RTHMS} {/RTHMS} は同じです

カテゴリー一覧

{CA} : {CA} ~ {/CA}ブロックで囲む {CALOOP1} : {CALOOP1} ~ {/CALOOP1}の間はループ {CATITLE1} : カテゴリータイトル {CACOUNT1} : カテゴリー投稿数 {CALINK1} {/CALINK1} : 該当カテゴリーの記事へのリンク {CALOOP2} : {CALOOP2} ~ {/CALOOP2}の間はループ {CATITLE2} : カテゴリータイトル {CACOUNT2} : カテゴリー投稿数 {CALINK2} {/CALINK2} : 該当カテゴリーの記事へのリンク {/CALOOP2} : {/CALOOP1} : {/CA}

月別一覧

{AR} : {AR} ~ {/AR}ブロックで囲む {ARLOOP} or {ARLOOPASC}: {ARLOOP} ~ {/ARLOOP}の間はループ {ARYM} {/ARYM} : 該当年月 {ARCOUNT} : 該当月の投稿数 {ARLINK} {/ARLINK} : 該当月の記事へのリンク {/ARLOOP} or {/ARLOOPASC}: {/AR} ※1){ARLOOP}は月別合計を降順に表示します。 ※2){ARLOOPASC}は月別合計を昇順に表示します。 【備考】 {ARYM} ~ {/ARYM}の中に記述できる日付フォーマット文字列は コチラを参照

リンク一覧

{LI} : {LI} ~ {/LI}ブロックで囲む {LILOOP1} : {LILOOP1} ~ {/LILOOP1}の間はループ {LICATEGORY} : リンクカテゴリ名 {LILOOP2} : {LILOOP2} ~ {/LILOOP2}の間はループ {LINAME} : リンク名(該当URLにリンク) {/LILOOP2} : {/LILOOP1} : {/LI}

プロフィール一覧

{PR} : {PR} ~ {/PR}ブロックで囲む {PRNAME} : 管理人名 {PRLINK} {/PRLINK} : プロフィール表示へのリンク {/PR}

ログインモード

{LOGINUSER} : 現在のモード {LOGINERROR} : ログイン失敗時のエラー {LOGMODE} : ゲスト時は「Login」、ログイン時は「Logout」 【使用例】 <div>現在のモード: {LOGINUSER}</div> <div>{LOGINERROR}</div> <form action="./index.php" method="post"> <div>USER ID:<input type="text" name="blogn_req_id"></div> <div>USER PW:<input type="password" name="blogn_req_pw"></div> <div><input type="submit" name="blogn_login" value=" {LOGMODE} "></div> </form>

日付フォーマット

日付フォーマットの文字列では、以下の文字が認識されます({LOGYMD}~{/LOGYMD}など) a - "am" または "pm" A - "AM" または "PM" d - 日。2桁の数字 (先頭にゼロが付く場合も)。すなわち、"01"から "31"まで D - 曜日。3 文字のテキスト形式。すなわち "Fri" F - 月。テキスト形式。長い形式。すなわち "January" h - 時。数字。12 時間単位。すなわち"01"から"12" H - 時。数字。24 時間単位。すなわち"00"から"23" g - 時。12時間単位。先頭にゼロを付けない。すなわち"1"から"12"。 G - 時。24時間単位。先頭にゼロを付けない。すなわち"0"から"23"。 i - 分。数字。すなわち"00"から"59" j - 日。数字。先頭にゼロを付けない。すなわち"1"から"31" l ('L'の小文字) - 曜日。テキスト形式。長い形式。すなわち "Friday" L - 閏年であるかどうかを表す論理値。すなわち、"0"または"1" m - 月。すなわち"01"から"12" n - 月。先頭にゼロを付けない。すなわち"1"から"12" M - 月。3 文字のテキスト形式。すなわち "Jan" r - RFC 822 フォーマットされた日付。すなわち "Thu, 21 Dec 2000 16:01:07 +0200" s - 秒。すなわち"00"から"59" S - 英語形式の序数を表すサフィックス。2 文字。すなわち "th" や "nd" t - 指定した月の日数。すなわち、"28"から"31"。 T - このマシーンのタイムゾーンの設定。例えば、"MDT" U - Unix 時(1970年1月1日)からの秒数 w - 曜日。数値。すなわち、"0"(日曜)から"6"(土曜日)まで W - ISO-8601 月曜日に始まる年単位の週番号 (PHP 4.1.0で追加) (Saturday) Y - 年。4 桁の数字。すなわち"1999"。 y - 年。2 桁の数字。すなわち"99"。 z - 年間の通算日。数字。。すなわち"0"から"365"。 Z - タイムゾーンのオフセット秒数。 (すなわち、"-43200"から "43200")UTCの西側のタイムゾーン用のオフセットは常に負です。 そして、UTCの東側のオフセットは常に正です。 例) {LOGYMD}Y,m,d H:i:s{/LOGYMD}と記述すると 2004,07,01 10:05:04 {NEYMD}Y,m,d{/NEYMD}と記述すると 2004,07,01 {RCYMD}Y,m,d{/RCYMD}と記述すると 2004,07,01 {RTYMD}Y,m,d{/RTYMD}と記述すると 2004,07,01 {ARYM}Y年m月{/ARYM}と記述すると 2004年07月