◎ パスワードを忘れてしまった場合の対処法



Blogn(ぶろぐん)の場合

./logディレクトリ内のinit.datの内容を
admin<>81dc9bdb52d04dc20036dbd8313ed055
に変更してFTPソフトで上書きアップロードする。

そうすると、IDは「admin」、パスワードは「1234」でログインできるようになる


#詳細な説明は 公式サイトで


BlognPlus(ぶろぐん+)の場合

v2.3.x以降のBlognPlusバージョンを使ってるならば
ログイン画面の「パスワードを忘れた場合」のリンクをクリックして
パスワードを忘れたID と 登録時のメールアドレスを入力すれば
ユーザー情報で登録した連絡先メールアドレスへ新しいパスワードが送られてきます。

ただし、ID/Passも忘れ、メールの登録も忘れていた場合、
または、古いバージョン(v2.2.4以前)を使用している場合には、下記の方法で対処してください。


MySQL、PostgreSQL版の場合

phpMyAdminやphpPgAdminを使って
~~_userlistテーブルにある変更したいユーザー情報のあるレコードの以下のカラムを変更します。

user_pwカラムを 81dc9bdb52d04dc20036dbd8313ed055 に書き換えると
パスワードは「1234」でログインできるようになる


Text版の場合

/datディレクトリの userlist.cgi の赤字部分を以下のように書き換えると

 例)1,1,admin,81dc9bdb52d04dc20036dbd8313ed055,YourID,2,・・・・

パスワードは「1234」でログインできるようになる


#詳細な説明は 公式サイトで